バイクの事故でリスクを低減させる安全な服装

安全な服装と装備

大きなスリルには大きなリスクが伴います。それは、あなたが運転手であろうと後ろに乗っていようと、バイクに乗る以上つきまとってくるリスクです。乾燥した路面を安全走行している熟練のライダーさえ、転倒・事故を起こす可能性はあります。

半そで・半ズボンやサンダルで道路を走っているライダーを見かけることがありますが、あれは自殺行為です。周りの人でそのような乗り方をしている人がいれば、一刻も早く止めてあげましょう。最近は様々なバイクウェアブランドからお洒落なウェアが販売されています。お洒落で安全なスタイルでツーリングを楽しみましょう!

パンツとジャケット

夏は暑い日もありますが、とにかく長ズボンとジャケットを着てください。有事の際、長袖か半そでかでケガの具合は大きく変わります。革のような耐久性のある生地であれば転倒時地面を滑ることができるのでおすすめです。

また、最適な安全を確保するためには、ジャケットの下にもオートバイのプロテクターを着用する必要があります。プロテクターは安全性を考慮するとCE定格であることが理想です(ざっくりいうと欧州の安全基準を満たしたもの)。

さらに、明るい日中以外の条件で乗る場合は、光を反射のするジャケットを選択し視認性を上げましょう!。皆さん後ろから追突されたくありませんよね?

適切なヘルメット

ヘルメット市場にはたくさんのタイプとスタイルのヘルメットがあります。ヘルメットは装備の中で最もコストをかけるべきアイテムと言って過言ではありません。

なぜなら、交通事故で最悪の場合に至る原因は、頭部または胸・腹部であるためです。
初めてのヘルメットを探している初心者ライダーは、何かと出費がかさむとは思いますが絶対に妥協しないようにしましょう。
驚きの価格のヘルメット・・・

バイク用ブーツ

クールでスタイリッシュなスタイルのブーツは、様々なバイクウェアブランドから販売されています。ハイカットタイプの靴でもよいかとは思いますが、理想は事故を起こした際、足と足首を安定させる必要があるため、簡単にねじれたり曲がったりしない丈夫で頑丈なブーツを着用することです。

足をしっかりと固定するために、少なくとも足首まである靴を探してみてください。また、細部にこだわっているブーツは右のブーツに滑り止めのソールが付いているため、滑らずに足をペダルの所定の位置に留めてくれます。

バイク用グローブ

夏場によく見るのが、素手で運転をしているライダーです。これは本当にやめましょう。見ているこちらが怖くなってしまいます。

転倒時に最も最初に地面に触れる場所は、多くの場合手になるでしょう。時速何十キロのスピードで地面に放り出され、素手でアスファルトに手をついたらどうでしょう?考えたくないですね・・・

また、グローブを着用することは、転倒時の安全性以外にも多くのメリットがあります。太陽の熱や風、虫等から手を保護してくれますし、手のひらが汗をかいてもハンドルをしっかり握ることができますし、寒い日でも手全体を暖かく保ってくれます。

安全な運転でツーリングライフを楽しみましょう!

  

関連記事

  1. モトブログの始め方 必要な機材、おすすめのカメラやマイク

  2. エネオスカードC・P・Sを使ってガソリンを少しでも安くする方法