竜神大吊橋周辺の観光スポットを訪れるツーリングコース 駐車場やおすすめの季節も

全体コース

1.袋田の滝
2.竜神大吊橋
3.磯原二ツ島海水浴場
4.涸沼

<コース概要>

茨城の山と海を楽しむツーリングコース

袋田の滝

さあ、まず最初に訪れるスポットは、 日本三名瀑のひとつに数えられる「袋田の滝」です。茨城県が誇る観光名所で平安時代の歌僧・西行法師は袋田の滝を見て、「花もみち 経緯にして 山姫の 錦織出す 袋田の滝」と詠い、その魅力を称えました。

また、 滝の流れが大岩を四段階、落下することから四度の滝とも呼ばれており、4季に一度づつ訪れることで新の美しさを知れるといわれています。

竜神大吊橋

次に訪れるスポット、「竜神大吊橋」は,茨城百景の一つにも挙げられている竜神峡に掛かる鉄橋です。

1994年の開通以来,毎年多くの観光客が訪れる茨城県の一大観光スポットです。
橋長は375m,歩行者用の吊り橋としては日本最大級の長さを誇ります。

橋から見る景色は絶景で鯉のぼりのシーズン(5月~6月)は圧巻です。

2001年にはリニューアルが行われ,現在の淡いブルーになりました。地上約100mの橋上から望むことができる八溝・阿武隈山の山並みや街並みの美しさはもちろん、橋の下を覗けるよう橋の中腹に設置されたアクリル板から見下ろす竜神ダムの湖面もスリルと自然の絶景がミックスされており見逃せません!

高いところ苦手な方用に下から眺めることができる散歩コースがありますしカフェがあり、ハンモックのような椅子に座って橋を見ることもできます!

2014年3月から、なんとこの竜神大吊橋でバンジージャンプが始まりました
高さ100メートルとなる竜神バンジーは何十回と飛んでいるバンジジャンプの強者でさえも「想像をはるかに超えるスリル」と口を揃えるほどの魅力があります。

バンジーバンジージャンプでは通常ジャンプしたあとは下に降りて終了ですが、 なんと竜神では、飛び降りた後に橋の上に引き上げられます。
ジャンプ後に楽しさと美しさと恐怖をみなと分かち合えるのは、いい体験になりそうですね!

そういった意味では、竜神大吊橋は家族連れや友達同士にオススメのスポットでかと思います。

竜神大吊橋
住所 〒313-0001
茨城県常陸太田市天下野町2133-6
営業期間 公開:8:30~17:00 休業:無休(強風や雷等の天候による通行制限有) 料金 大人:大人:310円、子供:子供:210円
駐車場 無料:250台
ホームページ :http://ohtsuribashi.ryujinkyo.jp/

磯原二ツ島海水浴場

さあ、山を後にして次に向かうスポットは、磯原海岸のシンボル、磯原二ツ島海水浴場です。

ここはサラッサラな白い砂浜でのんびりと絶景を眺めることができる海水浴場です。

夏頃は海水浴のシーズンで観光客が多いですが、秋頃になると人があまりいなくくなり、ゆっくりと海を眺めることができます。夏の終わりの少し肌寒い空気を感じながら家族や友達と思い出を作るというのもなかなか乙だと思います。

海水浴場のシンボル的な岩にも趣きがあります♪

磯原二ツ島海水浴場
住所:〒319-1541
茨城県北茨城市磯原町磯原
ホームページ: http://www.kitaibarakishi-kankokyokai.gr.jp

涸沼

さあ、最後に訪れるスポットは水深2~3mで、潮の満干によって6時間ごとに太平洋の海水が出入する関東一の釣りの名所としても知られる涸沼です。

涸沼は静かで 風が心地よく、自然の恵みを感じることができるスポットです。
穏やかな心になることができるので、旅の締めくくりにはベストなスポットになります。

涸沼(ヒヌマ)
住所 〒311-3101
茨城県東茨城郡茨城町
ホームページ:
http://www.town.ibaraki.lg.jp/

いかがでしたでしょうか!今回のコースはどの時期に行っても面白く、違った顔を見ることができるので何度も訪れることをお勧めします!

関連記事

  1. 【千葉】房総スカイラインを走るおすすめツーリングプラン

  2. 【岡山】蒜山・大山に行くなら蒜山大山スカイラインを走ろう!日帰りで楽しむおすすめコース

  3. 【栃木】ドライブやツーリングにおススメ!もみじラインを走る鬼怒川・塩原エリアのプラン

  4. 【東京】奥多摩と温泉を走るおすすめツーリングプラン

  5. 【静岡】熱海・伊東を走るおすすめ日帰り温泉ツーリングプラン

  6. 【香川】まるでヨーロッパ!?香川のおすすめツーリングプラン